家の契約を目視だけで

家探しで内覧が出来ない場合は

家探しもインターネットで便利

家探しを行っているときに、気に入ったお部屋を見つけたとします。けれどもお部屋の中にまだ住んでいる人がいて、中が見ることが出来ず、中を内覧してから契約をしたいと考えるでしょう。しかしながら、決めなかったら他の人で決まる可能性があるのではないかと不安を抱えてしまう場合があります。部屋の中を見てから判断したいというのは当然の事でしょうが、実際に部屋の中を内覧しないで目視だけで契約を決めてしまう人もいらっしゃるのが現実ではあります。この様な場合はどうしても先に契約の意思を伝えた人が先に優先権を持ってしまいます。貸主としては、見てから決める人より、見ないでも納得して決めてくれる人を選ぶのは当然でしょう。ですので、家探しも昔は中を見ないでひやひやしながら契約した人も多いようですが、最近は少し状況が変わっています。インターネットの普及に伴い、空室時に動画を撮影して、退居の前から動画を見せて募集するのが一般的になりつつあります。退居前でも動画を見る事で安心感も出来るし、目視のみでの契約も可能になるといえます。転勤などの理由でどうしても家探しの時間がなくて、目視だけで判断しなければならない時にしても、動画があればある程度の把握は出来ますので、転勤の人も安心して部屋を探す事ができるといえます。

↑PAGE TOP